読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

すぐき漬けとすんき漬けの違い!それぞれの乳酸菌が身体にどう影響を与える?

f:id:lfn63eka:20170428122208j:plain

 

すぐき漬けとすんき漬け、みなさんは知っていますか。名前はよく似ていますが全く別のものなのです。これらの漬物に含まれる乳酸菌の違いについて紹介したいと思います。

 

 

[すぐき漬け]

すぐき漬けは京都の伝統的な漬物で、カブの一種であるすぐき菜を塩と一緒に漬け込んで発酵させたものです。植物性乳酸菌と食物繊維を同時に摂れるため腸内環境の改善に効果があります。

 

植物性乳酸菌は悪玉菌が増えるのを抑える働きがあり、また、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌と比べて酸やアルカリに強いので生きたまま腸まで届きます。

 

その豊富に含まれる植物性乳酸菌の中に、ラブレ菌という乳酸菌が発見されていて、これが免疫力の向上に深く関わっています。

 

人間の体内ではインターフェロンという物質が生成されているのですが、その生成を促進する働きがあります。すると、体内に侵入してきたウイルスやがん細胞を攻撃するNK細胞の活動が活発になり免疫力が上がるのです。そのため病気にかかりにくくなるだけでなく、予防改善効果も期待できます。

 

 

[すんき漬け]

すんき漬けは長野県木曽地方に伝わる伝統的な発酵食品で、木曽菜と呼ばれる赤かぶの漬物です。他の漬物と違って塩を使わず無塩乳酸発酵させているのが大きな特徴です。

 

ヨーグルトと同量の乳酸菌が摂れるといわれるほど豊富に含まれていて、その中にはすんき漬けにしか存在していない乳酸菌もあります。その独自の乳酸菌は免疫機能をコントロールする働きがあり、感染症の予防や花粉症などのアレルギー症状を抑えてくれます。

 

毎日摂取しても塩分を摂り過ぎる心配はありませんし、ヨーグルトと比べて糖質や脂質もほとんど入っていませんのでカロリーも低く抑えられます。腸内環境が改善されますので美肌や血管が若返るという効果もあります。

 

 

いかがしょうか。作り方が全く違うふたつの漬物ですが、それぞれに含まれる乳酸菌が健康効果をもたらしてくれます。その地方以外の人にはあまり馴染みのない漬物ですが、機会があれば食べてみるといいですね。