読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

ダイエット乳酸菌が逆効果になってしまう人とその理由!

f:id:lfn63eka:20170503110543j:plain

 

乳酸菌はダイエットに有効とされています。しかし、乳酸菌を摂っていればダイエットできる訳ではありません。乳酸菌でのダイエット効果は、カロリー制限と乳酸菌の効果に影響する腸内環境によるのです。これが乳酸菌がダイエットに逆効果となるポイントになります。

 

 

【乳酸菌のダイエット効果】

乳酸菌がダイエットに効果がある理由は、ズバリ便秘に効くからです。乳酸菌が腸内の善玉菌と悪玉菌のバランス、すなわち腸内フローラを適正に保つことで、便秘が改善されます。

 

便秘になると、消化された食物である便の腸内での滞留時間が長くなり、腸から余分なカロリーが吸収されるため、体重が増えることになるのです。ですから便秘をなくすことはダイエットに効果が出るという結果になります。

 

便秘の原因は種々ありますが、腸内フローラからは、悪玉菌が増加していることを意味します。便秘になっているときは悪玉菌が増加しているということなのです。

 

 

悪玉菌は活性酸素を大量に産生します。活性酸素は体内の脂質と反応して酸化脂質になるのです。酸化脂質が代謝される時に発生するプロスタグランジンにより、糖質や脂質が分解されにくくなります。痩せにくくなるということです。

 

乳酸菌を摂取することがダイエットにつながる理由は、悪玉菌の増加を抑え便秘を改善することにあるのです。

 

 

【乳酸菌がダイエットに逆効果になる理由】

人により体に合う乳酸菌の種類が違うのです。乳酸菌が体内で効果を発揮するためには、自分の体質に合う乳酸菌を摂取する必要があります。

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は動物性の乳酸菌ですが、日本人は動物性の乳酸菌は合わない人が多いとされています。

 

日本人には、漬物などに含まれる植物性の乳酸菌が向いてるのです。合わない動物性の乳酸菌を摂取していることで、悪玉菌を減らすという乳酸菌の効果が得られません。

 

 

これに加え、もう一つ乳酸菌がダイエットに逆効果となる最大の原因は、ヨーグルトなど体に合わない乳酸菌を含む食材の取り過ぎです。

 

某有名メーカーのプレーンヨーグルトの100gたりのカロリーは約60kcalです。これに甘み成分としてジャムや砂糖などを入れるなら、カロリーはさらに増えることになります。ジャムのカロリーは10gたり20~26Kcalです。プレーンヨーグルト100gとジャム10gで80~86Kcalになります。

 

標準的な米飯が茶碗一杯分で235Kcalですから、ジャム入りのプレーンヨーグルト100gで、食事にご飯を茶碗1/3杯追加して食べていることになります。200gならご飯2/3杯です。

 

ヨーグルトを食事に追加するなら、ご飯の量を減らさなければダイエット効果が得られません。

 

 

さらにもう1つ注意すべき点は、日本人の約8割が乳糖不耐性といって、乳酸菌を含んだ食材に含まれる乳糖を消化吸収できないのです。消化吸収されない乳糖は下痢を引き起こすなどして腸内環境を悪化させ、悪玉菌を増加させます。

 

乳糖不耐性である体質と、合わない乳酸菌を含む乳酸菌食材の食べ過ぎによるカロリーオーバー、悪玉菌の増加が乳酸菌がダイエットに逆効果となる理由なのです。