読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

腸内環境を改善するビフィズス菌の種類と特徴!

f:id:lfn63eka:20170330232221j:plain

 

腸内環境を整えることは様々な効果がある、とよく言いますね。 そして、腸に良いものといえばヨーグルトなどに良く入っているビフィズス菌が思い浮かびますね。

また、最近ではビフィズス菌サプリメントビフィズス菌入りのチョコレートなども売られています。

 

そこでこの記事では、そんなビフィズス菌にスポットを当て、どんな種類や特徴があるのか?という点についてまとめました。

 

 

腸内環境を整えるとどんなメリットがある?

実際のところ、腸内環境を整えることで期待できる効果としては、単純にお通じを良くするというだけではありません。

 

その他にも、免疫力をアップさせて病気にかかりにくくしたりアレルギー反応を軽減させる、悪玉菌を減らして体臭を軽減させる、代謝を上げて痩せやすい体にする、疲れにくくする…などなど、美容や健康に様々な効果があるのです。

 

なので、腸内の善玉菌を増やして腸内環境が整うことで、お腹の中から健康に、そして美しくなれるのですね。

 

 

ビフィズス菌の種類とは?

そもそも、実は成人の腸内にの善玉菌のほとんどはビフィズス菌です。 ただ、ビフィズス菌というのは実は種類が沢山あって、なんと約30種類もあるそうです。

そしてその中でも人間の腸内に棲んでいるのは約10種類です。 ここでは、その中でも特に代表的なものとその特徴についてご紹介します。

 

まずはビフィダム菌。この菌には、胃の粘膜を保護したり、胃に存在するピロリ菌を抑えることで胃潰瘍胃がんなどの胃の病気を防ぐ働きがあります。

 

そしてアドレスセンティス菌。これは、善玉菌であるHDLコレステロールを増やしてくれる効果があります。また、余分なコレステロールを排除してくれるので、動脈硬化を予防するという効果もあるんですよ。

 

次はロングム菌。これは酸に強いため、生きたまま腸まで届きやすいという特徴があります。

市販されている多くのヨーグルトなどに含まれているビフィズス菌で、悪玉菌を減らして免疫力をアップさせる働きがあります。

 

その他にも、アレルギー症状を抑えてくれるブレーベ菌や、ビフィズス菌や乳酸菌が腸内で増えるのをサポートしてくれるインファンティス菌などがあります。

ヨーグルトなどを買う時は、こういったビフィズス菌の名前などもチェックしてみると良いですよ。