読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

ダイエットの味方!低GI食品で満腹感をグッと満たしてくれるもの!

f:id:lfn63eka:20170318145219j:plain

 

ダイエットの敵となるのが高GI食品ですが、こういった食品は胃が膨らみやすいことと、血糖値の上昇が急激に上がるので満腹中枢を刺激しやすく満腹感が得られます。

 

 

一方、低GI値は腹持ちが良くない食品がほとんどなので、ダイエットするにはちょっと不安が残ります。というか、食事制限してお腹まで減ってしまうならイライラがとまりませんよね。

 

 

ダイエット中にストレスを溜めないで満腹感をみたしてくれる食品がえん麦のちから』という食品です。

 

 


えん麦のちからって何?

こちらはTBSの【いっぷく】やオレンジページなどの雑誌でも紹介されているものなので、知っている人もいるかもしれませんが、えん麦を原料として作ってあるものです。

 

 

低GI食品の王道

えん麦は言わずと知れた低GI食品で、GI値は『50』とかなり低めです。さらに、えん麦のちからでは摂取試験を実地しており、食後の血糖値上昇抑制効果とインスリンの上昇抑制効果が確認されているようですね。

 


腹持ちが良い

えん麦の主な栄養成分であるβグルカンを、えん麦のちからでは1000mg含有しています。βグルカンは水に溶けると8倍に膨張し、留まる特製があるので、空腹感を避けることができます。

 

置き換えダイエットなどでお腹がすいてイライラしている人は要チェックですね。

 

 

さらに、長く留まることで摂り過ぎてしまった余分な食べ物の消化吸収を穏やかにしてくれるので、太りにくいという特徴があります。

 


料理のバリエーションが豊富

低GI食品を摂ろうと思っても困るのが料理のバリエーションです。毎日同じものを食べ続けれるなら良いですが、途中で飽きてしまい結局続かないという人が多いのではないでしょうか?

 

 

その点えんむぎの力は粉末タイプになっているので、味噌汁や豆乳などの飲み物に混ぜるもよし、料理などの隠し味に入れるも良しと、好きなように使えるので毎日同じものを摂っても飽きてしまうという心配がありません。

 


えん麦のちからはこういったメリットがあるので、低GI食品はちょっと続けるのがしんどいなぁという人は試してみるのも良いかもしれませんね。

今なら全額返金保証や割引キャンペーンがあってるので、ちょっとお得に始められるようですしね♪

 

 

⇒【えん麦のちから】はコチラ