読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

クセにならない便秘薬とクセになる便秘薬!

f:id:lfn63eka:20170318140040p:plain

 

便秘薬(下剤)というとクセになるからあまり使いたくない!と思ってしまうかもしれませんが、厳密にいうとクセになりやすいとものとそうでないものがあります。

 

 

ただ、薬局などに置いてある便秘薬というのは、ほとんどがクセになるものです。ですので、ここでどういったものがクセにならないのかを把握してもらえれば幸いです。

 

 


クセになりやすい便秘薬

クセになりやすいのは刺激性下剤というものに分類されるものです。

 

 

この刺激性下剤の主成分になるのは、

  • センノシド
  • センノサイド
  • センナ
  • ビサコジル
  • 大黄(ダイオウ)
  • キャンドルブッシュ

 

などがあります。

 

 

こういったものは確かに短期間で効果があるのですが、服用を続けることで結腸メラノーシスといって自力では排便できない腸になってしまう可能性があります。

 

 


クセになりにくい便秘薬

クセになりにくい便秘薬に当てはまるのは機械的下剤です。

 

 

例えば、

 

  • 塩類下剤
  • 膨張性下剤


などがこういった機械的下剤に分類されます。

 

 

塩類下剤

主成分は酸化マグネシウムで、腸に水分を引き込み、便を柔らかくすることで出やすい状態にするものです。

 

 

膨張性下剤

便に水分を含ませて軟らかくすると同時に、便の体積を増やし、排便を促す効果があります。こちらは下剤だけでなく食品からも摂れ、寒天や小麦ふすま、プランタゴ・オバタなどが当てはまります。

 

 


クセになりにくい便秘薬のデメリット

ここまで見てくるとクセになりにくい便秘薬の方が良いでしょう。しかし、デメリットとして即効性がないということが挙げられます。便秘で硬くなった便を軟らかくして出すので、効果が出るまでに数日かかることもあります。

 

とはいえ、ほとんどが連用しても身体にリスクをかけることはないので、飲むなら機械的下剤に当てはまるものが良いでしょう。