読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

腸内環境が気になる人の和漢ハーブ!迷ったらこれを摂れ!

f:id:lfn63eka:20170404153212j:plain

 

和漢ハーブには様々な効果や効能があるので、どれがどう作用するのか分かりにくいですよね。また、同じものでも効果が何種類もあって何を摂ればいいのか疑問だと思います。そんなあなたに今回は腸内環境を上向きにする和漢ハーブをご紹介します。

 

 


カモミール

胃腸の炎症を抑える効果があります。炎症が起こるとうまく消化や吸収できないことがあり、排便の妨げになる場合も。また、ストレスを緩和する作用があるので、副交感神経を活発にし、便が排出されやすくなります。

 


ローズヒップ

ビタミンCが多く含まれているハーブ。腸内の善玉菌を増やす働きがあるので、便秘の根本的なアプローチをしたい方に。

 


フェンネル

食べ過ぎたものや飲み過ぎた後の消化不良を改善する働きがあります。特に良くかまないで飲む人にはおススメ。

 


ペパーミント

血行を良くするハーブ。また、腸内のガスを出しやすくする効果があるので、お腹のハリが気になる人にも。

以上が腸内環境が気になる人の和漢ハーブでした。

 

 


ハーブを摂るならティーにするのがおススメ!


ハーブを飲む時はティー(お茶)にして飲むのがおススメです。

理由はいくつかるのですが、やはり【水分】を同時摂取できるというのが大きなポイントです。

 

例えば、水分を取らないとたまりやすい便は硬くなってしまい、中々外に排出することができません。また、血液のドロドロにも水分不足が関係してきます。水分が不足すると新陳代謝が低下してしまい、老廃物を外に出す動くが鈍くなってしまうからです。

 

 

こういったようにハーブをお茶で飲むことはメリットが多いので、ハーブティーで楽しんでくださいね^^

 

最後に注意点ですが、ハーブティーは冷たいものよりもお湯で煮だしたもののが方が腸に負担をかけないのでおススメですよ。