読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

20代でも多くなっているお腹の膨満感の原因は何!?

f:id:lfn63eka:20170318141037j:plain

 


食生活やストレスなどから20代でも多くなっているのが、お腹がハリを感じる膨満感の症状です。この症状はどうして出てくるのか詳しい原因もみていきましょう!

 

 

膨満感になる4つの原因!

  • ・腸内にガスが入ってくる
  • ・ガスを過剰に生産してしまう
  • ・ガスが排出されにくい
  • ・便がお腹に溜まっている

 

大きくわけるとこういった原因が考えられます。それでは1つずつ確認していきましょう。

 

 


腸内にガスが入ってくる

腸内の数は空気を飲み込んでしまうことが原因です。呑気症ともいわれる症状ですが、早くいや緊張のし過ぎて自律神経のバランスが崩れている人などに多いのが特徴です。

 

通常の人でも空気を吸い込んでいますが、呑気症の人はその空気が入る量が多いということですね。

 


ガスを過剰に生産してしまう

こちらは食べ物が原因でガスが発生してしまうというものです。例えば消化が悪いものであったり、甘いもの、お米や芋類などのでんぷん質を摂るのもガスが生産されやすく、お腹にハリを感じてしまうことになります。

 


ガスが排出されにくい

ちょっと難しい言葉で書くと腸内ガス排泄低下と言われる症状です。こちらは胃腸の働きが悪くなることで、うまくガスを排出できない状態です。

 

例えば暴飲暴食で胃腸の働きが追い付いていない場合や、緊張によって自律神経が抑制され、胃腸がうまく動けていないなど、正常な働きができていない時になりやすいのです。

 


便がお腹に溜まっている

便がうまく排出されていない状態、つまり便秘症の状態ですね。腸内に残った便がお腹を圧迫することにより、膨満感を感じてしまう原因になるのです。

 

 

 

 

第2類医薬品で便秘症におススメなものは?

f:id:lfn63eka:20170318145219j:plain

 

第2類医薬品で便秘症におススメなのは【トランジット】という便秘薬です。

 

 

こちらは成分がすべて植物性だけで作られているので、ケミカルな成分が苦手な人に人気があるようです。また、自然な排便を目的に作られているので、今までに便秘薬を飲んで腹痛などを経験したことがある人にはおススメです。

 

 

特に便秘薬では珍しく食物繊維の力を借りて排便を促すので、自然にどっさりを感じたい方に合っている第2類医薬品です。

 

 

⇒【トランジット】の公式サイトはこちら

 

 

センノシドが含まれるダイエットティーが大腸に与える危険性!

f:id:lfn63eka:20170325143826j:plain

 

ダイエットティーやデトックスティーなどに含まれる成分として多いのが、センノシドといわれる成分です。

 

 

こちらはセンナという生薬から取り出した成分なのでも元は植物になります。生薬と効くとなんだか身体に良さそうですが、続けて飲むことで身体に副作用が出てしまうことがあります。

 

 

それが大腸メラノーシスという症状で、飲み続けることによって大腸がうまく働くなり、便を自分で排出できなくなるというものです。

 

 

このセンノシドというのは即効性があるので、あまりにもひどい便秘の場合は効果を実感することができます。しかし、長期的に連続して使用することで、腸が慣れてしまい、さらに強い成分でないと効果がなくなってしまうのです。

 

 

そうして、徐々に強い成分を求めることによって、自分で便を排出することができなくなります。便が詰まることによって様々な病気になる可能性もあるので恐いですよね。

 

 

ちなみにセンノシド以外にも同じような働きをする、アロエやダイオウなども要注意です。

 

 

 

 

20代で残便感がある人が要注意したい病気って?

f:id:lfn63eka:20170318043456j:plain

 


20代の時から残便感に悩まれている人というのは、腸内に便が溜まっている状態です。便が溜まると、悪玉菌が増殖してしまい、有害物質や、老廃物などを排出してしまうので、免疫系が関係する病気になりやすいのです。

 

 

その中で一番気を付けたい病気というのは『大腸ガン』です。

 

 

20代の大腸ガンはというと、全体の0.2%ほどしかないのでそれほど大きな数字に見えませんが、年間で200人は大腸ガンになっているのです。その一人があなたになる可能性もあります。

 

 

特に女性の死亡率では大腸がんが一位になっていますが、これは男性よりも女性が便秘になりやすい体質だからというのが通説です。

 

 

また、大腸ガンというのは気づかない内に進行し、気付いた時にはかなり進行している状態になっているので、そういったリスクを回避するためにも、ただの残便感と放置せずに、改善していくことを目指す方が良いでしょう。

 

 

⇒植物性便秘薬【トランジット】の公式サイトはこちら

 

 

 

頑固な便秘を改善する植物性便秘薬はコレ

f:id:lfn63eka:20170318145219j:plain

 

どんな下剤をしても効果がイマイチ、何日も出ていない!という人向けにおススメなのが『トランジット』という植物性便秘薬です。

 

 

こちらに配合してある【センノシド】【プランタゴオバタ】【ダイオウエキス】の植物成分によって、お腹のシグナルに気付かせたり、便をしっかり押し出すことで、自然に近い便通を促してくれます。

 

 

これまでどんな方法で出ないという人もですが、下剤などで腹痛の経験がある人には合っている便秘薬です。

 

 

⇒【トランジット】の公式サイトはこちら

 

 

 

植物性便秘薬【トランジット】の良い口コミと悪い口コミ!

f:id:lfn63eka:20170318142633j:plain

 

植物だけを原料にしている便秘薬のトランジット。植物性というと身体に良さそうというイメージがありますが、効果の方がちょっと気になってしまいますよね。

 

実際に使用されている人はどういった評価があるのか、口コミの良い物と悪い物を集めてきました。

 

 

良い口コミ

・以前使用していた便秘薬は量を調節してもお腹が痛むので続けれなかったのですが、トランジットは痛むことなく自然にスルッと出てくれるので私には合っているのだと思います。生薬が使われていると味が不安でしたが問題なく飲めています。

 


・毎日お通じはあるのですが、量が少なくお腹が張っている感じでした。薬に頼るのは恐かったのですが、こちらは植物性ということで購入に踏み切りました。飲んで翌日の朝に実感できるなんて思っていませんでした。お腹のスッキリ感が全然違いますね。また、量も徐々に多くなってきていますし。

 

 

悪い口コミ

・私は便秘がひどい方ではないのが原因かもしれませんが、1包では効きすぎるのか下痢になってしまうことがあります。それでも、たまにくる酷い便秘の時の緊急アイテムとして愛用しています。

 


・商品自体は良い物だとおもいますが、通販でしか買えないのはマイナスですね。

 

 


以上が植物性便秘薬【トランジット】の良い口コミと悪い評判でした。

 

 

やはり第2類医薬品ということで便秘に対して実感できているという人がほとんどのようでした。ただ、ドラッグストアなどでは購入できないので、通販を利用するしかないのは手間になるかもしれませんね。

 

 

便秘薬で今まで腹痛や辛い思いをした人にとっては自然なお通じなるようなので、良いかもしれませんが。

 

 

⇒【トランジット】の公式サイトはこちら

 

 

 

 

私はヤセ菌が遺伝で少ないから痩せれないんじゃないの?

f:id:lfn63eka:20170415134236j:plain

 

最近ダイエットで注目されているのが【ヤセ菌】という腸内細菌ですよね。そこで思うのが、私は大体太っている家庭なので、ヤセ菌が遺伝で少ないのじゃないのか?ということです。

 

 

痩せ菌は遺伝するが食事内容が影響する

痩せ菌というのは遺伝するかしないか?でいうと、多少なりとは遺伝することが分かっています。

 

 

腸内フローラはたしかに遺伝の影響を受けます。イギリスの大学で行われた500組の双子を対象とした研究で、遺伝的に完全に同一の双子は、腸内フローラが似通っていることがわかりました。

出典:http://xn--88jd7j5bz413aoqq9ll9urgp3a.com/idenn.html 

 

 

これを見る限り遺伝で痩せ菌がたくさん棲んでいる腸内フローラが似ているということがわかります。

 

 

2008年には母親と双子の腸内環境を調べる研究も行われました。この母親と双子は、やはり腸内環境が似ていました。しかし同時に、それぞれ異なった腸内フローラを持っていることもわかったのです。

出典:http://xn--88jd7j5bz413aoqq9ll9urgp3a.com/idenn.html 

 

 

やはりこちらを見ても腸内環境が似ているということが分かります。しかし、体質が同じ母や双子でも完全に同じではなく、睡眠やストレスなどの生活習慣、または食事によって腸内環境が変化するということを示唆しています。

 

 

こちらは最近の研究によって明らかになっているので、腸内環境というのは遺伝よりも生活習慣によって大きな影響を受けるのです。

 


腸内細菌は食事によって変化する

あるマウス実験で腸内細菌の変化を観察しました。するとマウスの食事を腸に良いものにかえると、3日ほどで腸内細菌のバランスが良い方向に変化しました。

 

 

また、人間の場合ですと約3日~10日で腸内細菌のバランスが良い状態になったという報告もあります。

 

 

腸内細菌の1つである痩せ菌を減らす食事には、肉食やジャンクフードなどがありますが、こういった食事に変えた場合なんと一晩で腸内細菌が悪い方向に変わってしまってしまうということも分かっています。

 

 

つまりこういったように遺伝よりも、食事に痩せ菌を含む腸内細菌は左右されるので、腸内環境をよりよいものにするには、腸に良いとされる発酵食品、乳酸菌、食物繊維、などを摂っていく必要があるのです。

 


痩せ菌を増やす食事

痩せ菌を増やす食事というのは、腸に優しいものや活発にさせるものが痩せ菌を増やす食事になります。

 

例えば、水溶性の食物繊維オリゴ糖、乳酸菌などですね。こちらは腸内にいる良い菌(善玉菌)を活発にしたり、エサとなってくれれます。

 

善玉菌が増えると痩せ菌も増やしてくれるので、、腸に負担をかけずに腸内の善玉菌を活発にさせる食事を心がけるようにすると良いでしょう。

 

 

一方で、痩せ菌を減らす食事というのもあります。詳細はこちらの記事を参考にしてもらいたいのですが、せっかく痩せ菌を増やす食事を心がけているのに、減らす食事をしていては元も子もありませんよね。

 

 

 

食事に関しては結構大幅に変えることが必要になる人もいるかもしれません。

 

そういった場合は痩せ菌として働くことが分かっている【B-3菌】というのを直接摂取する方法もあります。こちらはウィルキラーダイエットというサプリに配合してあるので、腸内環境を整えつつ痩せ菌自体を摂取したいという人には良いかもしれませんね。

 

 

⇒B-3配合のウィルキラーダイエットはこちら