失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

メガサンA150は市販で購入できるのか近所を探してみました!

f:id:lfn63eka:20171018123735j:plain

 

腸内フローラの状態を良くすれば、お通じも順調になり体調も整って健康に良いのだそうです。そして腸内フローラを良くする為には乳酸菌を摂る事が必要だと知り健康オタクの知り合いに聞いてみると、メガサンA150という乳酸菌サプリメントが良いという話をしてくれました。

 

 

何故メガサンA150が良いのかというと、その人曰く、乳酸菌の含有量が1包に1兆個とずば抜けて多い事、使われている乳酸菌EF2001が特許を取得している優秀な乳酸菌である事、そして何より独自製法で作られたこの乳酸菌が胃酸や熱の強いので腸までしっかり届く事などが他の乳酸菌サプリメントには無いのだそうです。

 

 

善は急げで早速近所のドラッグストアに駆け込んで、健康サプリメントのコーナーで探す事しばし、何度もコーナーの棚の隅から隅まで視線を走らせましたが見つかりません。

 

 

もしかしたら欠品中?と思い、店員さんに尋ねるとこの商品はこのドラッグストアでは扱っていないとの事でした。それでは薬局なら置いてあるだろうと町の薬局に走りましたが、これも見事に空振りでした。

 

 

半ば意地になって、隣町の薬局やドラッグストアに電話を掛けまくってみましたが、ことごとく振られてしまいました。

 

なんで?と例の健康オタクさんに再度聞くと、公式サイトから直接でないと入手出来ないという返事です。それを早く言ってよ!しかし間の悪い事に現在パソコン故障中につき、心底がっかりして諦めるしかないと思っていたところ、健康オタクさんが電話で注文出来る事を教えてくれて、フリーダイアルの電話番号をゲット出来ました。

 

すぐに電話をすると、メガサンA150の商品紹介や購入方法などについて実に丁寧に説明してくれました。そしてよくぞ薬局、ドラッグストアで入手出来なかったと喜びました。

 

 

何故なら下手にそんなところで手に入っていると大損をするところだったからです。公式サイトからの購入でないと大損する理由を紹介しておきます。

 

 

【公式サイトが得な理由】

一度注文すると、なくなる都度に注文しないでも毎月メガサンA150が届く「しっかり定期コース」だと5大特典が付いて来ます。

 

 

商品代金が10%値引きされて、送料も無料になります。支払い手数料もタダの上に、初回の納品分には5包がサービスで付いています。それに定期購入だからといって必ず送られて来る商品を全部強制的に買う必要も無いのです。

 

 

こちらの都合でも、途中の一時停止や再開、さらには完全に解約することだって電話1本で可能です。つまり、どちらに転んでも全く損はしない様な定期購入システムになっているのです。

 

 

【公式サイトのみで販売している理由】

電話で尋ねてみたところ、多くの商品を1点1点丁寧に生産していて、中には大量生産に向かないものもあるからだそうで、顧客が公式サイトから定期購入する事で計画的な生産によるコスト削減が可能になり、その分を顧客にが還元できるからだとの説明がありました。

 

 

また乳酸菌サプリメントは飲み続ける事で効果が現れるものだから、顧客が安心してずっと長く購入出来る方法だと考えているという説明もありました。近所のドラッグストアや薬局で扱っていない理由に納得です。

 

 

そして市販されていたら、メガサンA150についてこんなに詳しく知る事はなかったでしょう。色々な不安や質問が電話で相談出来るのも、公式サイトの大きなメリットだと思いました。

 

 

⇒メガサンA150の公式サイトはこちら

 

 

 

なぜ下痢にブルーベリーが効果的なのかを徹底解説!

f:id:lfn63eka:20170428122208j:plain

 

ブルーベリーは小さい果実ながらも下痢に効果的な栄養素を豊富に含んでいます。そこで、ブルーベリーが下痢に効果的な理由について掘り下げていきます。

 

 

【ブルーベリーが下痢に良い理由は他の果物より食物繊維が豊富】

ブルーベリーは他の果物と比較して食物繊維が多く含まれています。食物繊維が多いとされているバナナの2.5倍の量の食物繊維を含んでおり、果物の中ではトップクラスの含有量です。特にブルーベリーの皮に食物繊維が多く含まれています。

 

 

しかも、ブルーベリーには2種類の食物繊維がバランスよく配合されています。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

 

 

水溶性食物繊維は、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。不溶性食物繊維は、胃で消化されにくく、腸まで届いて腸を刺激してくれます。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランス良く配合されているブルーベリーは腸の働きを高め、腸内環境を改善することで下痢を引き起こしにくくしてくれます。

 

 

【下痢にはブルーベリーに含まれているタンニンやペクチンが良い】

ブルーベリーに含まれているタンニンやペクチンは下痢に効くと言われています。タンニンの収れん作用で胃の粘膜を保護し、ペクチンが便の中の水分を調節して硬さを調整してくれる作用によって下痢改善に導きます。

 

 

【タンニンの下痢に対する働き】

ブルーベリーに含まれているタンニンは収れん作用があります。収れん作用は胃の粘膜を保護する働きのことです。下痢になっている胃は胃の粘膜が荒れている状態なので、タンニンで胃の粘膜を保護することで下痢を和らげてくれます。

 

 

ペクチンの下痢に対する働き】

ブルーベリーに含まれているペクチン下痢改善に効果があります。ペクチンは水に溶けやすい性質があり、便の中に含まれている水分を吸い取り硬くしてくれる働きがあります。下痢の時は便が柔らすぎている状態なので、便を硬くするペクチンの働きによって、下痢の解消につながります。

 

 

【ブルーベリーの副作用】

基本的にブルーベリーの摂り過ぎによる問題はありませんが、ブルーベリーを過剰摂取してしまうと副作用を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

ブルーベリーはさまざまな形で摂取できます。摂取方法によっては身体に悪影響を与えてしまうことがあります。まず、ブルーベリージャムは砂糖が多く含まれているので摂取し過ぎると糖質の過剰摂取につながり体調不良になることがあります。

 

 

そして、冷凍されているブルーベリーから摂り入れることも多いです。生のブルーベリーと同じように栄養素をしっかり摂取できますが、食べ過ぎると身体を冷やしてしまい代謝が低下して、冷えによる下痢を引き起こしてしまうことがあります。

 

 

そういった方には手軽にブルーベリーの栄養素を摂取できる方法としてサプリメントがあります。サプリメントには凝縮されたエキスが含まれているので摂取量を守らないと体調を崩してしまう場合があります。よって、ブルーベリーの過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしてしまうことがあるので注意するべきと言えます。

 

 

 

 

民間の豆知識!紅茶に下痢を改善する効果がある?

f:id:lfn63eka:20170604125220j:plain

 

紅茶はなぜ下痢に効果があるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

 

 

【紅茶の下痢に対する効果】

紅茶にはポリフェノールの一種でタンニンという成分が含まれています。ポリフェノールというと活性酸素を除去し身体の細胞の老化を抑制する、いわゆるアンチエイジングに効果的であるということが広く知られています。そのため美容やエイジングケアとしてポリフェノールの摂取を心掛けている方も多いでしょう。

 

 

中でも、タンニンには収れん作用があります。収れん作用というのは胃腸の粘膜を保護してくれる働きのことです。荒れた粘膜を修復し保護してくれることで、胃腸の荒れが原因で起こる下痢が改善されるのです。また、タンニンには便を硬くする効果もあります。下痢の時には水分が十分に吸収されず便が柔らかい状態です。その便を普通の硬さの状態に戻してくれるのです。

 

 

さらに、ポリフェノールにはリラックス効果が期待できます。皆さんもティータイムに紅茶を飲んでホッと落ち着いた経験をお持ちではないでしょうか。高ぶった気持ちを静め、気分を落ち着かせてくれます。ですから、紅茶はストレスによって引き起こされた下痢にも効果があるのです。

 

 

紅茶は発酵の程度によって分類すると、完全発酵した発酵茶に分類されるお茶ですので冷えを改善し、身体を温める効果が大きいです。よって、身体の冷えが原因で起こる下痢にも効果があります。

 

 

【下痢時に紅茶を飲む際、注意すること】

紅茶は濃いめのストレートで、ゆっくり飲みましょう。「濃いめ」というのがポイントです。濃すぎると刺激が強くなってしまいますので、いつもより少し濃いめに淹れることで効果的に紅茶の成分を摂り入れましょう。

 

 

そして、砂糖は入れずにストレートで飲みます。砂糖は身体を冷やすため却って下痢を悪化させてしまうことになります。そのため、ペットボトルの市販の紅茶よりも自分で淹れた紅茶の方が良いと言えます。

 

 

飲む量にも注意が必要です。いくら良い物でも摂り過ぎは逆効果を招く恐れがあります。タンニンが体質的に合わない方もいて、逆に胃腸が荒れて下痢が酷くなります。

 

 

紅茶には、他にカフェインも含まれていますので、それが下痢を引き起こしてしまうこともあります。

 

 

紅茶は自分の体質や摂取量などのポイントに注意して取り入れることで下痢を和らげてくれる効果があります。身近な飲み物で改善できるのが嬉しいですね。下痢を起こしてしまった時には紅茶を上手く活用してみましょう。

 

 

 

 

不思議な果実のリンゴ!下痢を招いたり悪化させたりする?

f:id:lfn63eka:20170406140402j:plain

 

リンゴとは、バラ科リンゴ属の落葉高木樹、その果実のことをいいます。日本には明治時代に導入されて日本の気候風土に合わせて品種改良が盛んに行われ様々な品種が生まれています。リンゴの主な産地は青森が有名となっています。そこで、リンゴで下痢になる人と改善することができる理由について説明をしていきたいと思います。

 

 

【リンゴで下痢になる人と改善する人の理由について】

リンゴは下痢をしている人にはとても良い食べ物になります。食物繊維のペクチンは糖質で果糖とブドウ糖、リンゴ酸、クエン酸カリウム、食物繊維ペクチンなどが含まれています。食物繊維のペクチンは、腸に働き腸内細菌を増やし下痢を起こしている菌を増やしません。

 

リンゴを食べて下痢を改善する理由については、水溶性食物繊維の1つであるペクチンはジャムを作るときに欠かせない成分でゲル化する性質があるのです。この働きが水分と結びついて下痢をしている時の便を固める働きをしてくれるのです。ペクチンの水分を保持してゲル化する性質は便の固めすぎを抑制してくれたりもします。

 

リンゴは下痢をしたときにだけではなく、栄養成分もあるので風邪をひいた時にも食べたりすることが多くあります。しかしその反面でリンゴを食べて下痢をする人もいます。

 

その理由としては、食べた人の腸内環境の悪さに問題があるのです。下痢をする根本的な理由が、腸内環境の悪さから下痢になってしまったりもするのです。毎日インスタントラーメンや、肉、甘いお菓子やジュースを飲んだり、食べたり悪い食生活を送っていると当然ですが、腸内環境が良いはずがありません。

 

甘かったり、油っこい食べ物は味は美味しいのですが身体には良くありません。腸内の働きが悪くなると正常な働きをすることができないのです。そのためリンゴは下痢をしている人にとっては改善される食べ物であったとしても、腸内環境が悪い人が食べると下痢をしてしまうのです。

 

 

【リンゴの食べ過ぎには注意が必要】

リンゴには食物繊維が豊富に含まれています。そのため食べ過ぎると下痢をおこしてしまったり、胃が痛くなってしまったりする可能性があります。リンゴは、もともと胃に優しい果物なのですが、消化の良い食べ物でもあります。

 

リンゴジュースを飲んで胃痛になったりする人もいるようです。いくら下痢を改善する食べ物だといっても食べ過ぎるといけないので注意しましょう。

 

 

 

 

下痢に対する効果が強いはちみつをどうやって摂り入れれば良いの?

f:id:lfn63eka:20170428122208j:plain

 

はちみつは下痢に効果があることがわかっています。はちみつの効果として強い殺菌力があることです。

 

はちみつの強力な効果として赤痢菌を10時間でやっつけてしまったり、大腸菌やチスフ菌までを48時間で改善するほどの殺菌力があるということです。昔から薬として使われてきたはちみつですが、その秘密は腸内のビフィズス菌を増やすことが可能だからです。ビフィズス菌には整腸作用があって下痢に効果が期待できるということですね。

 

また、はちみつの驚くべき殺菌力としては、それを10倍に薄めたものでもその効果はほぼ変わらないということです。細菌性の下痢に効果があるということは覚えておくと、いざというときにはとても便利かもしれません。

 

今回はどのようにして蜂蜜を上手に摂れば良いのかを見て行きましょう。

 

 

【はちみつドリンクのうまい取り方】

下痢が続く人は原因もさまざまですが、もし慢性的に下痢になりやすかったり、すぐ下痢になる人は腸の働きも正常ではありません。腸内環境を正常にするためには、はちみつを使ったドリンクがとてもおすすめです。

 

まず、腸の弱い人は食事でも油もの中心の生活では、腸で消化しきれずに下痢になってしまうとか、うまく便意を整えることができません。反対に腸にやさしい食事をすることで、腸内環境を整えて丈夫な腸をつくることも可能です。

 

その腸の調子を整える飲み物の一つでもWHO(世界保健機構)では、世界共通の下痢対処法として「はつみつ入りのオレンジジュースと炭酸水とを交互にコップ1杯ずつ飲むことをすすめています。

 

とくに生姜を使った体を温めるためのホットドリンクは血管の働きをよくしたり、体内の血液循環を促すことが知られています。はちみつに生姜をプラスした飲み物だと、胃や腸の消化酵素の働きを助け、消化不良を改善してくれます。

 

さらに、デトックス作用もあって発汗作用や循環作用から体に不必要なものを取り除く働きもあります。つまり、生姜とはちみつとを組み合せることで腸内を温めて活性化させて殺菌作用で善玉菌を増やし腸内環境を整えます。

 

 

【はつみつドリンクのつくり方について】

はちみつには豊富なビタミンとミネラルが含まれています。強い殺菌力で腸内環境を改善してくれます。生姜とはちみつのホットドリンクの作り方はとても簡単です。

 

まず、

  • 1)生姜をすりおろす
  • 2)すりおろした生姜をはちみつとお湯で割ること
  • 3)よくかき混ぜるとホットドリンクのできあがり

 

生姜とはちみつのホットドリンクは、夏でも冬でもおすすめのドリンクです。普段から腸の働きをよくするためにも、お腹の調子が気になったときには、いつでも気軽につくって飲むことがおすすめです。

 

下痢になりやすい人とそうでない人との違いは、腸内環境によって決まってきます。腸内環境が良い人は、有害菌は増えにくい環境になっていることが多いです。そのため、下痢などにもなりにくくなっています。日頃から下痢になりやすいという人は、はちみつの効果で腸内環境を整えることがおすすめです。

 

 

【はちみつの注意点】

また、注意点として「はちみつを乳児に与えてはいけない」ということを知っておかなくてはいけません。はちみつに含まれるといわれるボツリヌス菌に注意が必要だからです。

 

赤ちゃんは腸が未熟で乳児ボツリヌス菌を増殖させやすい状況だからです。

 

そして、はちみつには天然はちみつと加工はちみつとがあって、はちみつの良さを十分に得たいのであれば天然はちみつを選ぶべきです。天然のはちみつは、ミツバチの巣から不純物をろ過して取り除いたもので、加工はちみつはいくつかの加工パターンを通過しており、加糖してあったり加熱してあったりします。

 

 

 

 

あまり知られていない乳酸菌の真実!あなたが摂りたい乳酸菌とは?

f:id:lfn63eka:20170701024601j:plain

 

【そもそも乳酸菌とは?】

乳酸菌食品が普及してからそれなりの年月がすぎましたが、乳酸菌について必ずしも正しく理解されているとは言えません。 乳酸菌はある特定の種類の菌を指しているのではなく、ある性質をもった菌の総称です。

 

その性質を簡単に言うと「産生する物質の大半(もしくは全て)が乳酸である」ことです。 もちろんこれ以外にも乳酸菌の定義はありますが、「乳酸を多量に産生する」が最大の特徴と言えます。 乳酸菌は乳酸を産生することにより、自分の周りの環境を酸性にします。

 

これは乳酸菌には都合のいい環境ですが、所謂「悪玉菌」にとっては棲みにくい環境であり、乳酸菌が善玉菌と呼ばれる理由です。

 

 

【エンテロコッカス属乳酸菌】

エンテロは腸内、コッカスは球体を意味する言葉で、人の腸内にも常在菌として存在しています。 このエンテロコッカスは非常に耐性が高く、低温から高温、耐酸から耐塩まで幅広い耐久性が特徴です。 またエンテロコッカス乳酸菌は、免疫機能の向上が他の菌と比較しても優れており、新たな乳酸菌として着目されています。 しかもこの乳酸菌、生きて腸内に届く必要がありません。

 

よく聞きませんか?「生きたまま届く」といったフレーズ。常識的に考えれば生きたままの方がよいに決まっています。 ところがエンテロコッカス乳酸菌は、死菌の方が効果が高いという報告がなされているのです。 加熱殺菌したものでも効果が期待できるので、製造工程の衛生面の不安要素が軽減されます。

 

 

パントテン酸カルシウム】

パントテン酸は糖や脂肪の分解に関係していますが、多くの食材に存在しており、不足することはあまりありません。 パントテン酸カルシウムは、薬やサプリメントの成分としてよく利用されます。 パントテン酸自身も皮膚や髪の健康を保ったり、またアトピーなどのアレルギー性疾患への効果も研究されています。

 

 

オリゴ糖

糖類が複数連なったもので、数多くの種類が存在します。 人間自身はオリゴ糖を消化できませんが、腸内細菌(善玉菌)の栄養素となるため、腸内環境の正常化に必要な物質です。 またオリゴ糖は、感染症を防ぐためにも役立っています。 オリゴ糖が盾となり、病原体が上皮細胞に着くのを妨害しているのです。 中には、インフルエンザウイルスに対するオリゴ糖も存在します。

 

 

【メガサンA150】

メガサンA150は、エンテロコッカス・フェカリスEF-2001という乳酸菌が配合されています。 エンテロコッカスは上述したように驚きの効果を秘めており、更にEF-2001は学術的に期待の高い乳酸菌です。 そしてメガサンA150には何と、1兆個の乳酸菌が含まれています。 それ以外にも体に良いものを選別し、成分としているのです。

 

現在様々な体調不良が、腸内環境の悪化に関わっていることが医学的に証明されています。 乳酸菌、メガサンA150はそれを改善する可能性があるのです。

 

 

【メガサンA150の安全性】

どんなに優れたものでも安全面、品質面に問題やバラツキがあっては意味がありません。 安全面は当然ですが、品質のバラツキも厳しく管理されています。 メガサンA150は、医薬品製造と同等の基準で作られている、と言えば管理レベルが分かるでしょうか。

 

 

例えば薬、「今日の薬は最高の出来だけど、昨日のやつはイマイチだった」としたら? 薬を飲む人は、同じ薬ならいつ製造されたものでも同じ効き。これを暗黙の了解にしています。 それを実行するには相応なレベルが必須です。そのレベルと同じなのは相当な技術が必要です。

 

そしてその安全性と品質を担保するため、メガサンA150は外部機関に検査を依頼し、常にチェックしています。 量と質、兼ね合わせたメガサンA150は期待できますね。

 

 

⇒メガサンA150の公式サイトはこちら

 

 

 

食後の下痢に下痢止めが効かない人の原因って何?

f:id:lfn63eka:20170707121307j:plain

 

食後にグルグル…と腸が動き出してトイレにダッシュ!と言う下痢に困っている人は意外に多いもの。 自宅ならまだしも、外出中に下痢になってしまうと本当に焦ってしまいますよね。 そんなツラい食後の下痢に、下痢止めが効かない場合があります。それはいったい何故なのでしょうか?

 

 

【その下痢は胆汁が原因かも?】

下痢止めが効かない下痢は「胆汁」が原因かもしれません。 胆汁というのは肝臓で作られる消化液で、十二指腸に食べ物が入ってくると分泌され、脂肪の消化・吸収を助けるというはたらきがあります。 十二指腸は胃から続いている小腸の一部で、胆汁は普段は十二指腸で分泌されて小腸の末端で吸収されるのです。

 

 

しかし、何らかの理由で胆汁が小腸から大腸に流れ込んでしまうと、胆汁が下剤と同じようなはたらきをしてしまい、下痢になってしまうのです。 胆汁が大腸に流れ込んでしまう理由としては、過去に盲腸などの手術経験があり小腸を切っていたり、食あたりなどで小腸が炎症を起こしており、小腸の機能が低下していることなどが考えられます。

 

 

【胆汁下痢は薬で抑えられる?】

そんな胆汁下痢ですが、一般的な下痢止めでは効果があまり見られないという特徴があります。 そして改善方法としては、薬で抑えると言うものもあります。 ただ薬での対処の問題点として、あくまで一時的なものであり根本的な治療方法ではないという点、そして副作用で逆に便秘になってしまう可能性もあるという点が挙げられます。

 

 

薬に頼る以外の対処法としては、まずは朝ご飯を軽めにするということ。 胆汁下痢の特徴として、特に朝食後に症状が出やすいというものがあるのですが、朝ご飯を軽めにすることで分泌される胆汁の量を減らし、大腸にへの刺激を減らすことができるとされています。

 

 

また、食事を取るタイミングも気をつけましょう。胆汁下痢は一般的に食後30分~2時間ほどで症状が出ますが、普段症状が出る時間を把握しておき、トイレに行ける時間帯から逆算した時間に食事を取るのです。こうすることで移動中に急に下痢症状が…ということを防げます。 そして、普段から出来るだけ消化の良いものを食べるようにすると良いでしょう。 さらに、改善のためには普段の食事に気を使うなどして腸内環境を整えることも非常に大事です。

 

 

その際に、サプリメントを活用するのもオススメです。最近は乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が含まれたサプリメントが色々と販売されているので、是非活用してみて下さいね。