失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

下痢の人が取り入れたいリラックス習慣!どういった関係があるの?

f:id:lfn63eka:20170403024745j:plain

 

下痢の症状には急性下痢と慢性下痢の2種類が有りますが、ストレス等が原因の下痢は、この慢性下痢に分類されます。又、この慢性下痢の多くが、実は「過敏性腸症候群」と言われる物で、日常的に受けているストレス等が主な原因とされております。

 

 

過敏性腸症候群による下痢を起こしてしまう要因】

ストレスによる下痢(過敏性腸症候群)を引き起こしてしまう原因ですが、仕事や日常の生活の中で受ける不安や緊張などの強いストレスを受ける事によって自律神経が乱れてしまい、腸の働きが急激に活発になったり、腸内の水分調整の働きに影響を与えてしまい下痢などの症状を起こしてしまいます。

 

 

更に厄介な事は、この症状が繰り返し引き起こされると言う点です。毎日の様にストレス等によって下痢を起こしてしまう事によって、腸が知覚過敏の状態になってしまい、わずかな痛みや身体の動きによって脳のストレス反応を引き起こしてしまい常習的な下痢の症状に繋がって行ってしまいます。

 

 

過敏性腸症候群による下痢を改善する為にはリラックスできる環境が大切】

この様なストレス性の下痢の症状を改善するには、先ずは日常的に受けているストレスから解放してあげる事が必要になってきます。お仕事をお持ちの方の場合にはなかなか難しい問題でありますので、ご自身でストレスを発散する時間を作ってあげる事が必要です。そうする事でリラックスできる時間を作り、ストレス性の下痢、過敏性腸症候群等の症状の改善が図れて行きます。

 

 

リラックスできる方法には個人差がありますが、一般的に言われているのは、適度な運動を行ったり、没頭できる趣味を見つけストレスを発散できる様にする事です。

 

 

又、最近ではリラックス効果が期待できるハーブやアロマが一部の人達の間で流行っておりますが、香りにリラックス効果がある物、実際に飲んだりする事で効果がある物等様々な種類が有りますので、ご自身に最も適している物を探して見るのも良いです。

 

 

更に、リラックスできる物としてはお風呂です。シャワーでは無く、お風呂の湯船につかる事が大切です。お風呂につかる事によって、全身の血行を良くしてくれ1日の疲れをほぐしてくれます。心身共に温まる事によりリラックスでき、その影響は副交感神経にも働きかけ、ストレス等で乱れてしまった自律神経のバランスを改善してくれます。

 

 

自律神経の改善が図られる事によって、ストレス性の下痢の症状を和らげてくれます。この様に受けたストレスを開放し、リラックスする事は下痢の改善に効果が有ると言う事になります。

 

 

 

下痢の原因になってしまうストレスフリーな状態とは?

f:id:lfn63eka:20170406140647j:plain

 

 

[リラックスのし過ぎは下痢になる]

人の体は、自律神経の機能により各器官が管理されているのです。自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。自律神経は、日常生活やストレスによりバランスが乱れることがあるのです。ストレス社会では、交感神経が優位となることが多いのです。

 

ダラダラとした生活が続くと副交感神経が優位となり、体のバランスを乱してしまうことがあります。

 

 

「交感神経とは」

交感神経は活動的になる自律神経です。人が活動的になるときに活発に働き、働いている時や、何かに集中しているときなど活発になるのです。またイライラしているときなど交感神経が働いているのです。太陽を浴びると交感神経が活発になり、夜になると交換神経は落ち着くのです。

 

 

「副交感神経とは」

夜に働いている自律神経で、人がリラックスしているときに活発に働くのです。寝ているときや、くつろいでいるときなど副交感神経が優位となるのです。食べたものを消化するのは副交感神経の働きです。昼間は交感神経が優位のため、副交感神経は低下しております。

 

 

「副交感神経が優位となると」

一日中ダラダラとした生活をしていたり、緊張がなくリラックスした生活をしていると副交感神経が優位となるのです。常に副交感神経が働き過ぎた状態が続くと、体のバランスが崩れてしまうことがあるのです。それにより色々な症状が現れてくるのです。

 

 

「胃もたれや消化不良」

副交感神経は消化器官を管理している機関なのですが、副交感神経が働きすぎた状態になると、胃や腸が活発に働くのです。そのため通常のスピードで消化、吸収がなされないため、消化能力も低下してしまうのです。

 

 

「下痢や腹痛」

胃や腸が活発に働くため、下痢や腹痛を引き起こしてしまうのです。下痢や腹痛を頻繁に起こしてしまうのは、リラックスし過ぎの可能性もあるため注意が必要です。

 

 

「集中力低下」

ダラダラとした生活を毎日送っていると、脳の活動力が低下して、無気力な状態になってしまうことがあるのです。そのため脳の老化を早めてしまうのです。

 

 

「筋力低下」

リラックスした生活では、全身の筋肉も弱くなってしまうのです。そのため、猫背になったり、腰痛や肩凝りなどの症状が出てくることもあるのです。内

 

蔵を支える筋肉も弱くなるため、胃もたれや、下痢などの不調をまねくことあるのです。横隔膜の筋肉が弱まると、逆流性食道炎などの症状が出ることもあります。特にやせ形や、女性に多い症状なのです。

 

 

「交感神経を活発にする方法は」

交感神経と副交感神経の乱れや、生活リズムの乱れによる体調不良は、朝起きたら太陽の光を浴びるようにしましょう。太陽の光を浴びることにより交感神経を高めてくれるのです。 運動することにより、交感神経を活発にするのです。

 

 

散歩やウォーキングなどより、ジョギングのような汗をかくような運動の方がより交感神経を活発にするのです。 何かに集中することにより、交感神経を活発にするのです。ダラダラとテレビを見ていると、副交感神経が活発になるのですが、パソコンやスマホなど集中して作業をしていると交感神経が活発に動くのです。

 

一日の中でリラックスした状態が多い人は、何か趣味を見つけることをおすすめします。

 

 

 

飼っているペットが下痢の原因に?知ると恐怖するその理由とは?

f:id:lfn63eka:20170503110543j:plain

 

慢性的に下痢が続いている場合に実は飼っているペットに原因が隠されていることがあります。

 

 

【飼っているペットと下痢の関係性】

ペットを飼い始めてから下痢が続くようになってしまうことが多く、ペットには下痢を誘発してしまう「クリプトスポリジウム」という原虫を持っていることがあり、それによって激しい下痢や腹痛を引き起こしてしまう原因となる場合がります。この原虫はペットの糞に含まれています。

 

ペットの糞が原因で下痢が続いてしまう症状が出てしまう場合があるということです。

 

 

クリプトスポリジウムとはどういったものなのか】

クリプトスポリジウムは身近にペットで飼われていることが多い犬や猫などの腸管寄生原虫として知られているものです。これに感染してしまうと水下痢のような激しい下痢に襲われてしまうことが明らかになりました。

 

 

【ペットとのキスが下痢が続く原因?】

クリプトスポリジウムは口から入ることで感染します。ですが糞を口から直接入れるなんてことはまずありませんし、糞を適切に処理しているからなぜ口から感染してしまうのかと思いますが、ペットは肛門を含め自分の身体の各所や屋内外のあらゆるところを舐めます。

 

したがって飼っているペットの病原体の状況と室内外の状況にとっては犬の口に病原体がついてしまっている可能性があります。また飼い主の周囲にも病原体が付着していることも考えられます。

 

特に、免疫の弱い人にこのクリプトスポリジウムの原虫に感染してしまう可能性があり、慢性で消耗性の下痢を引き起こしてしまいます。

 

 

クリプトスポリジウムの潜伏期間は4日から10日程度で、主な症状は下痢ですが、それに合わせて腹痛や発熱、悪寒、嘔吐、倦怠感もあります。下痢は軽度のものから1日に20回以上という激しいものまで幅広く見られます。

 

 

症状は1週間から2週間で治まります。成人より小児の方が、また初めて感染した人の方が症状が重くなる傾向があります。さらに、HIVやAIDSなど免疫不全患者では症状が長期に持続し、時に死に至ることもあります。

 

 

現時点で効果的な薬剤はなく、治療は対症療法となります。下痢が続いてしまいその原因が分からなくて、ペットを飼っている場合はその飼っているペットが病原体に感染しているかどうかを獣医に検査してもらうことが必要です。

 

 

次にペットが外での接触で病原体をもらわなように配慮すること、飼い主は自分の手をよく洗い、病原体を口に入れないようにすることが大切です。そして、自分自身の腸内環境を整えて、免疫力を上げる生活習慣を身につけることも大切なポイントとなります。

 

 

 

 

その下痢でお風呂は危険!なぜ原因で良し悪しが分かれるの?

f:id:lfn63eka:20170715145505j:plain

 

一言で下痢と言っても色々が原因から引き起こされます。下痢の際はお風呂に入ってはいけないイメージが強いですが、下痢を引き起こす原因によってがお風呂に入ることで症状が緩和される場合もあります。

 

その一方でお風呂に入るとかえって悪影響を及ぼし、症状を酷くしてしまうこともあるので、何が原因の下痢かによってお風呂に入って良いのか、入らない方が良いのかを判断することが大切となります。

 

 

【下痢の際にお風呂に入って改善が期待できる場合とは】

下痢を引き起こしてしまう一番の原因は「冷え」からくるものです。お腹を冷やしてしまうと循環器や消化器を司る自律神経の働きが乱れ、食事をして腸内に入ってきたものをすぐに体外に出そうとすることで下痢を引き起こしてしまいます。

 

そうした、冷えによる自律神経の乱れが原因の下痢の場合は、お風呂に入ることで症状を改善へと導いてくれます。

 

お風呂で身体を温めることでリラックス効果を得て、温まることによって乱れた自律神経を整え、腸の働きも整えてくれるので、下痢の症状を軽くし、改善へとつなげてくれるのです。

 

身体をしっかり温めるには38度から40度のぬるめのお湯で10分から15分程度時間をかけてゆっくりと浸かることがより身体を温めくれ、効果を上げてくれます。

 

 

【お風呂に入らない方が良い場合】

身体を温めることで下痢の症状を緩和してくれる場合もありますが、感染症による下痢の場合はお風呂のお湯が感染経路になってしまうことがあるので、そういった場合はお風呂に入ってしまうと二次感染を引き起こしてしまうリスクを高めてしまいます。

 

下痢を引き起こしてしまうウィルスはお風呂の温度程度では死滅しません。なので、お風呂のお湯が感染経路となり、同じお湯に浸かる家族に次々と感染し、下痢の症状を引き起こしてしまうことがあるのです。ですので、感染症の下痢の場合はお風呂に入らない方が良いのです。

 

下痢が何回もある、発熱がある場合などもお風呂は避けた方が良いです。感染症の下痢の場合はシャワーにとどめておきます。シャワーを浴びる前に感染症の原因となるウィルスがお尻に残っている可能性もあるので、お尻を綺麗にしてからシャワーを浴びるようにします。

 

シャワーを浴びるのも辛い場合は?

シャワーを浴びるのも辛い場合は足湯も有効です。足湯の方法は42度くらいの少し熱めのお湯に足首から下を8分ほど入れます。足の指や足首を動かして血流を促すようにするとより効果的です。

 

自分の下痢の原因が冷えによるものか感染症によるものなのかを見極めた上でお風呂に入った方が良いのか、避けた方が良いのかを判断することで二次感染のリスクを減らし、症状を緩和させることにもつなげてくれます。

 

 

 

過敏性腸症候群はお風呂で治る?身体に与える好影響とは?

f:id:lfn63eka:20170607122358j:plain

 

過敏性腸症候群とは?】

過敏性腸症候群は簡単に言うと、突然下痢や、便秘が頻繁に起こる、病院で検査をしても異常が出ないといった症状で生活に支障が出る病気のことです。

 

 

過敏性腸症候群とお風呂の関係】

多忙な毎日でストレスを抱える人が多い今の時代、まさに現代病とも言える過敏性腸症候群。その治療法は、元になっている過剰なストレスを取り除くとして心療内科を受診する人が多くいます。

 

ここ最近、この過敏性腸症候群とお風呂の関係、そしてその効果がにわかに注目されてきているのを皆さんはご存知でしょうか。一体どんな関わりがあるのかを見て行きましょう。

 

 

【お風呂による効果】

お風呂はその日の溜まった疲れや、ストレスを身体の芯から温めて癒してくれます。シャワーだけでは中々この疲労感を取り除くことは困難です。疲れを取る効果抜群のお風呂、辛い過敏性腸症候群にどんな効果をもたらすのでしょう。

 

 

お風呂は、全身の血行がよくなり、身体に溜まった疲労物質を芯から取り除いてくれます。また、冷え性の方にも効果抜群です。過敏性腸症候群は便秘型になる人と、下痢型になる人がいます。

 

お風呂はこのタイプの異なる過敏性腸症候群を症状別に入ることによって優れた効果を発揮します。

 

 

過敏性腸症候群、症状別入浴法】

今言ったように過敏性腸症候群は便秘型と、下痢型、まれに両方同時に起こる人もいます。ここでその症状別による入浴法をご紹介します。

 

 

便秘型

主に女性に多い

血行改善と、リラックス効果を高めるため、38度から40度ぐらいのお湯を湯船に入れ、約15分半身浴で浸かる。

 

 

下痢型

アルコールをよく飲む男性に多い

冷え性の方も下痢をよくする人がいます。 下痢は、大腸が過剰な蠕動運動をすることで起きてしまいます。その動きを少しでも抑えるにはお湯の温度を40度ぐらいに設定します。これは全身浴が基本のなります。

 

 

過敏性腸症候群の人の入浴する際注意する点】

上記を見て頂いても分かるように、過敏性腸症候群の方がお風呂に入る際、お湯の温度がいかに大事かということをお分かりいただけたでしょうか。

 

ポイントはカラスの行水ではなく、ゆっくり時間をかけて湯船に浸かるということです。その時のお湯の温度は便秘型、下痢型に関係なく、40度から41度が最適な温度となります。

 

この温度という点は非常に重要で下痢型の過敏性腸症候群を患っている人が熱すぎるお湯に入れば、刺激が強すぎて症状を重くしてしまうので絶対にやめて下さい。

 

 

【食事、運動の大切さも忘れずに】

過敏性腸症候群はお風呂だけでなく、食事や、適度な運動を心がけることも大事です。

 

例えば食事ですが過敏性腸症候群の人はある特定の食べ物や、飲み物を摂ると症状が悪化します。自分で何を食べると調子が悪くなるのか知っておくのも症状軽減のコツになります。

 

その他適度な運動はストレス発散の最高の薬になります。しかし、激しい運動は逆効果になってしまうので注意が必要です。

 

 

 

シャワーじゃダメ!?女性の下痢を改善するにはお風呂が効果的!

f:id:lfn63eka:20170607122358j:plain

 

下痢を改善したいならお風呂に入ることが条件と言われていますが、女性の体の特性を考えればこの説は納得です。

 

 

【女性には冷え性が多い】

冷え性は女性に多く、男性に少ない傾向がありますが、冷え性が原因で下痢や便秘になる女性は多いです。

 

女性の方が下痢や便秘になる割合が多いのは、女性の方が腸の働きが弱いことの表れですが、女性は男性に比べて筋肉量も少なく、そして代謝が低いのも女性の腸の働きが弱い原因になっています。

 

下痢をしたときにお風呂に入ると便秘が改善されるのは、お風呂に入って腸が温まると、腸の働きが活発になり下痢も改善されるからです。

 

 

【生理が始まると下痢になる理由】

女性は生理の時にお腹がゆるくなって下痢に悩まされる人が多いですが、妊娠や出産に備えて色々に変化する女性の体は、生理になると黄体ホルモンの分泌が減って、子宮を収縮させる働きをするプロスタグランジンの分泌が多くなります。

 

そのため、腸が異常収縮を起こして下腹部が痛くなったり下痢がおこります。しかし下痢が起っても生理が原因だから仕方がないと思ったり、下痢の対処法がわからず何もしない人がほとんどです。

 

腸が異常収縮を起こしているのですから、お風呂でお腹を温めて腸内環境を良くすることで下痢が改善されますから、早めの改善をおススメします。

 

 

「女性に下痢が多い理由はストレスの受け方の違い」

ストレス社会の中で、胃腸薬飲む割合は圧倒的に男性が多いので、男性の方が胃腸が弱く下痢をしやすいと思われがちですが、実際は下痢をする割合は何と言っても女性の方が多いです。

 

ストレスを感じる差には男女差がありますが、男性は鈍感とも言われているように、ストレスによるダメージが男性の方が少なく、女性の方が大きいため胃腸障害を招いたりします。

 

男性と女性にストレスの受け方に差が出るのは、脳の左側に存在する扁桃体に男女の違いがあるからと言われていますが、女性の方が感情的になりやすい傾向がある原因には、女性はストレスを受けると脳の左の部分にある扁桃体が、身体の内部をコントロールする部分と繋がっているため、コントロールが効かずに感情的になりがちということが言われています。

 

また、言葉にも扁桃体が反応すると言われていますから、扁桃体が人間の感情に与える影響は大きなものがあり、一般的に男性は鈍感で、女性は感情的になると言われているのも、扁桃体の働きが影響しています。

 

ストレスから下痢をしているときも、お風呂に入ることでお腹が温まり、腸内環境が良くなって下痢を改善できる他、お風呂に入ることで身体も心もリラックスする効果がありますから、ストレスからきている下痢の場合にも、やはりお風呂でお腹を温めるのがおススメです。

 

 

下痢の入浴は危険な場合も?良い場合と悪い場合の違いは何?

f:id:lfn63eka:20170607122358j:plain

 

下痢を発症してる場合は入浴に注意が必要です。

 

 

【下痢の原因とは】

下痢は消化機能が不調になったことで便が緩くなってしまう症状です。便はもともと消化された食べ物なので、もともとは下痢のような状態なのですが、その便を水分が吸収されることで排泄しやすい固さに調整してくれるのが本来の腸の働きなのですが、水分がうまく吸収されないと下痢となって排出されるのです。

 

そんな下痢の原因として考えられるのは暴飲暴食やストレス、冷えなどによって腸の働きが悪くなっていること、消化が追いつかないほど食べ物を食べたとき、また食べ物や薬の副作用によっても下痢を引き起こしす原因となります。

 

さらに、食中毒を始めとする細菌やウィルス感染が起きたときに毒を排出する防衛機能が働くことも下痢の原因と言えます。よって一言で下痢と言ってもその原因はさまざまなことが分かります。

 

 

【下痢でも入浴して良い場合と避けた方が良い場合】

下痢の原因として最も高いのが冷えによるものと言われています。身体が冷えると腸の活動が弱まり、自律神経にも負担や刺激を与えてしまいます。

 

そのせいで腸がうまく水分調節ができなくなってしまい下痢となります。さらに体温低下を防ぐために余分な水分を体内から出そうとして下痢を長引かせてしまいます。

 

冷えによることが原因の下痢の場合は、腸を温めるとお腹の調子を整えることが出来ます。消化不良による下痢の場合も腸を温めることで整えることができるのでお風呂に入るのが効果的です。

 

次に、ストレスが原因の下痢の場合は、自律神経の乱れによってストレスが起こるので、お風呂でリラックスするのは副交感神経が優位になることで腸が活発になるので、お風呂に入るのは効果が期待できると言えます。

 

しかし、お風呂に入らない方が良い場合もあります。それは、過敏性腸症候群の下痢は入浴は控えます。

 

 

下痢は基本的に腸がうまく働かないことでおこりますが、過敏性腸症候群に関しては腸が活発に動きすぎることで便を固くする間もなく排泄されてしまう状態です。お風呂で腸を温めることでさらに活発にさせてしまうかもしれなく、また熱いお湯につかることで自律神経が刺激されて下痢を引き起こしてしまうことがあるのでお風呂に入らない方が良いです。

 

それと、細菌やウィルスが原因で下痢を引き起こしている場合もお風呂は避けます。

 

細菌やウィルスによって下痢を引き起こしてしまう感染性胃腸炎を起こしている場合はお風呂で長く浸かるまもなく便意がきてしまうことなど、症状を長引かせることにつなげてしまうからです。