失敗しない乳酸菌サプリの選び方!~これまで実感できていないあなたへ~

これまでどの乳酸菌サプリを試してみても全然実感できていない人は要チェック!失敗すると感じる商品を選ぶ人には共通点がありました!下剤を使用したくない人や諦めたくない人は参考にしてみて下さい!

病院から貰う抗生物質が下痢を引き起こす!?その原因を要チェック!

f:id:lfn63eka:20170318141037j:plain

 

病気にかかり病院を受診すると抗生物質という物を処方してもらうことがあります。しかしよく耳にする抗生物質は下痢を引き起こす原因にもなり兼ねるのです。今回は抗生物質を飲むと生じてしまう下痢の理由とその下痢を治す方法をお教えします。

 

 

抗生物質とは】

抗生物質とは、病気やけが・炎症が生じてしまった時に病原体である菌をやっつける役割を持っている薬のことです。しかし、この抗生物質という薬は悪い菌だけでは体に良い菌にも作用します。そのため抗生物質を飲んでいる時は他の感染症にもかかりやすい状態に体がなっているため感染症予防することが大切です。

 

 

抗生物質と腸の変化】

先ほど述べたように、抗生物質は良い菌も悪い菌もやっつけてしまう作用があります。そのため腸だけに場所を絞って説明すると、腸内環境を整えてくれる作用の善玉菌と悪化させる悪玉菌どちらも作用することになります。そのため、腸内環境が不安定になり下痢を起こしやすくなるのです。

 

 

抗生物質による下痢を改善させる方法は】

善玉菌がなくなってしまうことで生じる下痢に関しては、対処方法としてはまず善玉菌を増やすような食べ物を食べることです。

 

例としては、ビフィズス菌や乳酸菌、食物繊維など善玉菌を増やせる食品を多く摂取することです。善玉菌を増やすことで、腸内環境が改善してさらに免疫力アップにもつなげることができます。また、抗生物質を飲む時は必ず水や白湯で飲むようにしてください。

 

水や白湯以外の飲み物では、抗生物質の効果を逆に強めてしまうケースもあるからです。そうすると腸に対してさらに悪影響を及ぼしてしまうため抗生物質を服用する際は飲み方に注意しましょう。

 

 

【まとめ】

抗生物質と下痢の関係性についてまとめました。抗生物質は、原因となる菌にだけ効けばいいものの、悪影響を及ぼす場合もあります。

 

抗生物質で下痢をすることもあるので、抗生物質を内服したときは善玉菌を増やすことを意識してみましょう。また抗生物質を飲む時はお医者さんに副作用など確認してから飲むことで安心できますね。

 

 

下痢時の確認ポイント!ウィルスが引き起こしている場合も?

f:id:lfn63eka:20170406140914j:plain

 

下痢とは、一般的な便よりも水分が多くて、液状もしくは形になってない柔らかな状態のことを言います。 様々な原因によって下痢の症状は出るので比較的出やすい症状ではありますが、 下痢になった場合はいくつかのことに注意する様に心がけましょう。

 

 

【下痢になったらまずは脱水症状に注意!】

下痢というのは、慢性なものから急性のものまであり、それぞれ原因や対処方法が異なりますが、 水分の多い便が出るわけですから、回数が多ければ必然的に脱水症状を起こしやすくなります。

 

特に急性下痢で激しい症状の場合には、脳貧血を起こしたりする場合もあるので注意が必要です。 激しい下痢の場合、脱水症状にならない様、水分を補給しますが、一気に水分を摂ると症状が良くならないので、 少しずつスポーツドリンクなどで水分を摂る様にしましょう。

 

食べ過ぎや冷えなどで下痢になった場合は便が出ることで次第に治りますが、感染性の下痢の場合は下痢が出ても 全く改善されず、その他の症状が引き起こされ体調が著しく悪くなることもあるので速やかに病院へ行く様にしましょう。

 

 

【下痢になったら便と体調をチェック!】

●便の色は通常通りで柔らかいもしくは液状

食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレスなどが原因であまり心配な症状ではありません。市販の下痢止め薬が有効です。

 

●粘液が混じっている

下痢の場合は粘液が混じることがよくありますが、多い場合や続く場合は病院へ行きましょう。

 

●便に血液が混じっている(便が黒っぽい場合も含む)

大腸の病気が引き起こしている可能性、重篤な食中毒の可能性があるので病院へ行きましょう。 痔が原因の場合もあります。

 

●白い便が出る

子供の場合はロタウィルスの可能性、大人の場合はコレラの可能性があるので病院へ行きましょう。

 

●発熱がある

重篤な食中毒の可能性があるので病院へ行きましょう。

 

●吐き気がある

食あたりでも吐き気を催す場合があります。まずは市販の下痢止めで様子を見ましょう。

 

●市販の下痢止めが効かない

4、5日服用しても下痢が改善されない場合は、別の疾患による原因の可能性があるので病院へ行きましょう。

 

 

【下痢になったら食生活をチェック!】

食中毒や疾患による下痢ではなく、食あたりなどで下痢になりやすい人は、腸内環境があまり良くなく、 悪玉菌が増えている状態になっています。 最近ではコンビニ弁当やファーストフードなどで善玉菌を減少させてしまっている人も少なくありません。

 

食べ過ぎや飲み過ぎをしない、冷たいものを食べ過ぎない、よく噛んで食べるなど、 できるだけ腸に負担がかからない食事を心がける様にしましょう。

 

 

その下痢放置しておくと危険かも!色で分かる身体の変化!

f:id:lfn63eka:20170610013320j:plain

 

下痢になってしまった場合、その色は茶色や黄土色、もしくは黄色っぽいものが多いです。 しかし、中には変わった色をしているものもあり、そのような便がみられた場合には、病気の可能性もあります。 では、危険な下痢とは、どのような色をしているのでしょうか。

 

 

【白い下痢の場合】

白っぽい便が出たときは、ノロウイルスロタウイルスといった胃腸炎になっているかもしれません。 これらの特徴は、激しい下痢の他に、嘔吐や発熱がみられることです。

 

また、多量の嘔吐と水様便により、体の中の水分がどんどん減ってしまうので、脱水症状になる危険も高くなります。そのため、白い下痢の場合は、水分補給が重要となるのです。

 

 

【赤い下痢の場合】

下痢の色が赤いときは、血液が混ざっていることが多いです。 便に血液が混ざるのは痔でも起こることですが、内臓からの出血である場合は、腸炎になっていることも考えられます。

 

特に、痛みがある場合には、虚血性大腸炎感染症腸炎を疑わなければなりません。それらは早急に治療する必要があるので、出血と痛みがあったときは放置せず、必ず病院に行きましょう。

 

 

【黒い下痢の場合】

黒い下痢が出たときは、他の色よりもかなり危険な状態です。 というのも、便が黒くなるのは、内臓から多量の出血が起こっている場合が多いのです。

 

その原因には、胃潰瘍や十二指腸潰瘍があります。他にも、消化器系のがんによって黒くなっている可能性もあります。

 

いずれにしても、手遅れになることは避けなければならないので、気づいたときは、少しでも早く病院へ向かいましょう。

 

 

【緑の下痢の場合】

緑色の下痢は、他の色のように危険なものではありません。 これは、緑黄色野菜や、緑色のサプリメントなどを摂りすぎたことで、色がついたものが多いです。 しかし、それらを摂取していなくても緑の下痢が出てしまったら、黄疸の恐れがあります。

 

黄疸は、肝臓の炎症やがんが原因になっていることもあるので、すぐ治療しなければなりません。そのため、理由がわからない緑の下痢は、要注意です。

 

 

体質的に下痢になりやすい人は何が違うのか?

f:id:lfn63eka:20170318141037j:plain

 

【下痢体質とは】

同じものを食べても下痢になる人と何でもない人がいます。体が疲れてきたり、精神的なストレスを感じた時に下痢になるという人もいます。

 

こういった人は下痢体質だと言われますが、元々腸のの動きが悪いということが原因ではないかと言われています。腸が健康であれば多少痛んだものを食べても問題ないし、体が疲れてすぐに大腸に影響が出ることもありません。ましてや嫌な事があるたびに下痢になることもないのです。

 

 

【腸内環境を整える】

健康な腸にするためにはまず、腸内環境を整えることが必要です。

 

消化の良い食事を心掛けましょう。便秘にはよいとされる食物繊維の多い食べ物は、実は消化が悪いため、下痢体質の人は避けた方がよいとされています。バターやラードなど動物性油脂はあまり摂り過ぎないようにしましょう。加工品には食品添加物が多いので、自分で料理をするように食生活を変えていく必要があります。

 

 

【体を暖める】

体が冷えると腸内の悪玉菌が活発になります。体を冷やさないように、靴下を履いたり、腹巻きをする、首にスカーフを巻くなどの工夫が必要です。夏はあまりエアコンで部屋を冷やしすぎないことも大切です。

 

 

オリゴ糖と乳酸菌】

下痢体質を改善するのにおすすめなのがオリゴ糖と乳酸菌です、オリゴ糖は胃や小腸では消化・吸収されずに大腸まで届く性質があり、大腸の中で善玉菌のエサになってくれます。

 

そのため、腸内の悪玉菌が減って善玉菌を増やしてくれるのです。また、乳酸菌は善玉菌の一種です。毎朝ヨーグルトを食べるだけでも腸によい影響を与えてくれます。

 

 

【ストレスを抱えない】

腸は脳と同じようにストレスを敏感に感じやすいところです。ひと言でストレスを抱えないようにと言っても難しいと思いますが、休みの日はしっかりと休み、趣味に没頭する時間を作ることも大切です。家族や友人、恋人に話しを聞いてもらうことでもストレスは解消されます。

 

それぞれリラックスできる方法は違うと思います。音楽を聴くことがよい人もいれば、運動することでストレス解消や気分転換になる人もいます。自分なりのストレス解消方法を考えてみるといいでしょう。

 

下痢体質は工夫次第で改善することが可能です。諦めずに出来る事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

浸透圧性下痢とは!?こんな症状が出たら要注意!

f:id:lfn63eka:20170428122614j:plain

 

浸透圧性下痢を知っていますか?下痢が起こるメカニズムについて詳しく知る人は意外と少ないものです。ここでは下痢の中でも浸透圧性下痢について知りましょう。

 

 

【浸透圧性の下痢とは】  

管内の浸透圧が消化器官に入った物質が吸収されなくなった事で高くなり、体液が浸出、膣内の水分が増えるために起こる下痢の事を言います。マグネシウムなどを含む腸内に吸収されにくい薬剤などを取り過ぎている時に、消化酵素の欠損や乳糖不耐症などで浸透圧性下痢を起こす事もあります。

 

 

【症状は何があるの】  

浸透圧性下痢は水分を小腸で上手く吸収できない状態です。症状は水分を小腸で吸収する事ができないために、水分をたくさん含む下痢を起こします。この症状が起きる原因である腸内の浸透圧を上げる物質を抑えるようにしない事には下痢は治まりません。  

 

ですから浸透圧を下げるために原因物質を取り除く事が大事になります。

 

 

【原因について】  

浸透圧性下痢の原因については、食物中に含まれている糖類が血液中に吸収されないまま残ってしまい、浸透圧を上昇させるからです。この事で体が腸内の浸透圧を下げるように働き腸管壁から水分をたくさん排出する事で、水分含有量が多くなるのです。

 

 

【検査と治療】  

検査では詳しく問診します。下痢は治療や診断を決める点でも、大事になる症状です。ですから状態の把握が必要になります。治療方法は下痢を起こす理由になっている食べ物を食べる事を控える事です。  

 

これだけでもおよそ症状の半分は解決できます。この症状は食べものや飲み物の中に含まれている糖分が分解される事無く、残る事により体が腸内の浸透圧を下げようとする水分を分泌するので起こるのですから、その原因になっている食べ物や飲み物を控えればいいのです。  

 

また失われた水分や栄養分の補給も必要ですし、サプリメントを服用して腸内細菌のバランスを整える事も重要になります。下痢になる理由は様々です。浸透圧性下痢になっていませんか?気になる人は病院で診断してもらいましょう。

 

 

 

男性必見!胆汁酸が減少してくるデメリットとは?

f:id:lfn63eka:20170428122208j:plain

 

みなさん、年齢と共に体臭や加齢臭は気になっていませんか?今回は、体臭の原因の一つである「胆汁酸の減少」についてお話したいと思います。

 

 

【胆汁酸とは】

胆汁酸とは肝臓で生成される液体「胆汁」の主成分で、私たちの腸内で水に溶けない脂肪酸コレステロール、脂溶性ビタミンなどの消化吸収を助けてくれる上、肝臓で処理された不要な物質を排泄する働きがあります。

 

 

【胆汁酸が減少した場合】

つまり、胆汁が不足すると体内に取り込まれた脂肪酸や脂溶性ビタミンが上手く吸収されず摂取した脂肪が腸内に留まってしまいます。その結果、腸内環境が悪化することで体臭が発生してしまうのです。

 

また、脂溶性ビタミンがもつ抗酸化力の力も発揮されなくなることで、加齢臭をはじめとする体臭が発生しやすくなってしまいます。さらに、「脂溶性ビタミンが吸収されない=ビタミンB群が吸収されない」ということは、貧血をはじめ様々な栄養障害が起こりやすくなり、体調不良になることも考えられます。

 

 

【胆汁酸減少に気付くには】

では、胆汁酸が減少しているという体からのサインはどのようなものなのでしょうか?

 

例えば「揚げ物を食べると胃がもたれる感じがする」「二日酔いの症状が強い」「便や尿の臭いが強い」「便秘や下痢の症状がある」「コレステロール値が高い」などです。当てはまる項目が多い方は胆汁酸の減少が原因かもしれません。

 

 

【胆汁酸減少の予防】

次に、減少してしまった胆汁酸を増やす方法ですが、まずは食物繊維を積極的に摂取しましょう。食物繊維を摂取することで古くなった胆汁酸を排出し、新たな胆汁酸を生成する働きを助けてくれます。また、生姜やウコン等の胆汁酸の分泌を促す働きがある食材を摂取することも効果的です。

 

 

【まとめ】

あまり、耳にすることがない「胆汁酸」ですが、減少すると体臭や加齢臭の原因にもなることが分かりましたよね。周囲へのエチケットも兼ねて、ご自身の胆汁酸に一度目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

 

知らない内に体内に入る【合成化学物質】!その危険性と体外へ排出する方法とは?

f:id:lfn63eka:20170503110543j:plain

 

私たちの身の回りにはとても多くの物に溢れていて、その利便性もどんどんと高くなって生活も便利になっているのですが、その利便性を高めている理由の一つに石油から作られる合成化学物質が原料として用いられています。

 

食料品や衣料品、化粧品、日用雑貨から洗剤など毎日使うほとんどの物に合成化学物質が含まれており、知らず知らずに口から、皮膚から体内へ吸収しています。

 

 

1.合成化学物質が体に与える危険

毎日の生活の中で合成化学物質を完全に避けるということは難しいことではありますが、体内に吸収して蓄積されることで、アレルギー症状や脳への障害、発がん性などの危険があります。

 

現代病とも言われるほど、花粉症やアトピー性皮膚炎の人が増えていますが、その理由の一つには合成化学物質が関係していると言われています。

 

戦前の貧困な時代にはこれらの症状はあまり見られず、物が豊かになると比例してアレルギー源の種類は増え、また体の抗体が弱くアレルギー症状を発症する人が増えています。

 

また、最近では脳の障害でもあるADHDアスペルガー症候群自閉症などの発達障害の子供が増えている傾向にあると言われていますが、これにおいても合成化学物質の影響ではないかと言われています。

 

死亡率の高い難病でもあるガンにおいても100年前と比べると何千倍ものガン患者が増えています。 その他、合成化学物質は脂肪に溶かされやすく、また脂肪は蓄積しやすいということもあり、男性よりも脂肪の多い女性の方が体に合成化学物質が残りやすくなります。

 

よって妊娠中の女性はお腹の胎児に合成化学物質を栄養とともに送ってしまう危険もあるので注意が必要です。

 

 

2.合成化学物質の効率的な排出方法

避けられにくい合成化学物質ですが、実際に体内に蓄積させない様にするにはどうすればいいでしょうか?

 

最も良い方法は、できるだけ合成化学物質を含んだものを利用しないことです。食料品や化粧品などは無添加のものを選ぶ、野菜は有機野菜を選ぶなどを気をつけるだけでもだいぶ違います。 体内に吸収されてしまった合成化学物質を効率的に排出するには、以下のことを生活に取り入れると良いでしょう。

 

 

①水分を飲む

血液に吸収された合成化学物質は尿から排出されるので、水分や利尿作用のある飲み物をたくさん飲むといいでしょう。一日に1.5~2リットル程度が目安です。

 

②運動をする

尿以外で体内のデドックスをするには汗をかくことも有効的です。運動をして血行をよくして良い汗をかきましょう。あまり運動ができないという人は、半身浴や岩盤浴などでもOKです。

 

③断食をする

断食ダイエットも流行っていますが、断食をすることで内臓を休めることができます。内臓が休むことができると排泄することにエネルギーを十分に使うことができるので、デドックス効果があります。